ディスプレイ広告

ウェブページ上に、画像やテキストを貼り付けるタイプのインターネット広告のことで、
主に画像タイプのものをバナー広告と呼ぶことが多いです。

掲載先のウェブサイト(ページ)のページビュー、インプレッションが多ければ多いほど、
掲載料金は高くなります。

また、ページビューやインプレッションに依存する料金体系のバナー広告とは別に、
成果報酬型のバナー広告もあります。

成果報酬型バナー広告は、バナーをクリックしてサイトに訪れた人が、実際に何らかの成果
となるアクション(商品購入や資料請求など)を起こした件数に応じて費用が発生する。

バナー広告は、あらかじめターゲットを大幅に絞り込んで配信するメール広告や検索エンジン
広告と比較して、幅広い層の人たちに広告を見てもらえるという特長があります。

また、メール広告や検索エンジン広告では、まずはクリック(=サイトへのアクセス)を獲得
することが大きな目標となりますが、バナー広告(特に画像バナー広告)の場合、バナー広告
自体を繰り返し目にしてもらうことで、広告がクリックされなくても十分な認知効果が期待
できるというメリットもあります。

このような理由から、幅広い層の人に繰り返し広告を目にしてもらえる露出型(⇔成果報酬型)
のバナー広告は、プロモーションに向いていると言えます。

Back to Top